無犯罪証明を日本国内で申請をする方法を徹底検証!- NZワークビザ申請2019年版

 

無犯罪証明書(正式:犯罪経歴証明書)

NZのビザ申請で、NZ国内での滞在が2年以上(24ヶ月以上)になる場合に提出が求められる書類です。

NZ国内から申請できますし、日本帰国時などに申請できます。

 

今回は、日本で無犯罪証明を申請する方法などについて記事にしていきます。

 

スポンサーリンク

 

無犯罪証明って何?

犯罪経歴証明書(はんざいけいれきしょうめいしょ、英: (Certificate of Criminal Record)とは、各都道府県警察または警察庁が発給する、ある人物について犯罪経歴が無いまたは有ることを証明する公文書である。日本語に加えて、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語によって犯罪経歴の有無が記される。一般的には無犯罪証明書、警察証明書などと呼ばれている。

引用元:ウィキペディア【https://ja.wikipedia.org/wiki/犯罪経歴証明書

日本の警察庁が発給する書類で、請求は各都道府県の警察庁(もしくは警察本部)に行います。

家の近くの交番や警察署は管轄が違い請求できません。

NZ国内からは日本大使館(まとめて在外公館というらしい)を通じて各都道府県の警察庁に請求することができます。

 

無犯罪証明には何が書いてあるの?

犯罪歴の有無の記載されているとのこと。書類は封筒に入った状態で発給されます。

開封すると無効になるので要注意!!

僕も中身をみたことがないので厳密な内容はわかりません。

 

ただ、ビザ申請用紙(INZ1015)内の質問事項に、過去の交通違反まで含めた犯罪歴を質問してくる項目があります

従って無犯罪証明には過去の交通違反の履歴まで記載されている可能性は考えられますね。

日々の行いは超大事!!!

 

無目的に発行することはできない!

無犯罪証明が必要たる明確な目的がありと認められなければ請求却下となります(発給元の警察本部より)

「ゆくゆくいるかもしれないから…」

「自分の犯罪歴を確認してみたい」

などという理由では受け付けてもらえません。

不要になれば返却しなければならないくらい厳格です。公文書の重みですかね(^^;)

だいたいどんな感じかイメージしていただけたでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

日本国内で無犯罪証明を申請する場合

 

申請先は各都道府県の警察本部、または警察庁施設となります。近くの交番や警察署では申請できません。

現在住民票を置いている都道府県で申請します。

海外転出をしていたり在留届を外務省に提出している場合は、最後に住民票を置いていた都道府県で申請を行うことになります。

 

詳細は、各都道府県の警察本部、または警察庁がホームページを用意しています。

Googleなどで「無犯罪証明 大阪府(都道府県名)」と検索すればすぐヒットしますよ(^^)

申請プロセスが微妙に都道府県によって異なるので事前にしっかり確認しておきましょう。

この記事では、大阪府での無犯罪証明の申請を例に続きを書いていきます。

 

 

大阪府で申請できる人

写真参照:【http://www.police.pref.osaka.jp/08tetsuduki/keireki/】大阪府警察HP

 

「渡航先等の公的機関から犯罪経歴証明書を要求されている方」とあります。

ニュージーランドのワークビザで必要な場合、公的機関はImmigration(移民局)になります。

 

たまに「海外出張等で会社に提出しなければならない…」という人がいます。

しかし、会社は公的機関ではないのでこの理由では申請を受け付けてもらえません。

会社の人事が必要と言っても最終的にワークビザの申請を提出するのはNZの移民局ということを理解しておくべきでしょう。

次に持ち物の準備について記載していきます。

 

 

申請に必要な書類

写真参照:【http://www.police.pref.osaka.jp/08tetsuduki/keireki/】大阪府警察HP

 

 

証明書の提出が必要と確認できる、申請者の氏名・目的が記載された公的書類

ニュージーランドImmigration(移民局)から日本警察への依頼文書があれば一番確実です。

しかし、ニュージーランドの移民局の数は多くありません。

南島に至っては2019年時点でクライストチャーチだけ(笑)

しかも、連日ビザ申請関連の訪問者が長蛇の列を作っています。

僕も一度質問があって電話したのですが40人待ちでした…。

従って、移民局からのレターをもらうのは現実的な手段ではありません。

 

この場合、無犯罪証明の添付を求められるビザの申請書を根拠にするしかありません。

現状記入できる全ての項目を記入して無犯罪証明の申請にのぞんでください。

 

僕の申請した【Essential Skills Work Visa】の場合、INZ1015の申請用紙を可能な限り全て記入(写真も添付)して大阪府警察本部に持って行きました。

雇用主の記載するINZ1113は持って行かなくても問題ありませんでしたが、絶対に事前に連絡し確認してください。

 

 

パスポート

特別なことはありませんが、残りの有効期限に関しては注意が必要です。

 

 

住民票の写し等

海外転出してNZワーホリ生活にのぞんでいる場合、市役所、区役所などですぐに住民票の写しを受け取れない場合があります。

日本国内に住所のない人間が窓口まできて住民票請求しているのですから当然です。

「犯罪経歴証明書(無犯罪証明)を取得するのに、住民票の除票が必要です。」

「提出先は大阪府警察本部です」といえばとりあえず案内してもらえます。

 

役所へは、本人確認書類として持っていけるものは全て持って行きましょう。

僕は、パスポート、NZの現住所がわかる書類、日本の免許証(直近の日本の住所が記載されているもの)、ビザの申請書類一式(記入済)を持っていきました。

 

戸籍関連の書類は住民票よりも発給条件が厳しいので、除票の申請が無難。NZで不動産を借りている場合、家主からもらった賃貸借契約書も必ず持っていきましょう。

窓口受付時間はこちらです。

写真参照:【http://www.police.pref.osaka.jp/08tetsuduki/keireki/】大阪府警察HP

 

大阪府警察本部周辺の地図とアクセス方法

スポンサーリンク

 

 

所要期間

写真参照:【http://www.police.pref.osaka.jp/08tetsuduki/keireki/】大阪府警察HP

 

特に問題なければ最短10日最長でも2週間です。僕は10日で受け取れました。

 

日本での一時帰国時に申請する場合、帰国当日か翌日には役所で住民票の除票を受け取ります。

その後すぐに警察本部へいき申請手続きをするのがオススメです。

ゆっくりしていると帰国までに間に合わない可能性も考えられます。

 

大阪府警察本部であれば、来館する10日前〜前日までに刑事部鑑識課に電話連絡することをオススメします。

予約制度はありませんが事前に伝えておくことで鑑識課の人達も準備ができます。

申請の数が多くないので彼らも事前に手順を調べておきたいわけですね。

手続きがスムーズに運ぶ確率が上がりますよ(^^)

 

ちなみに代理申請はできません。本人の指紋を取る必要があるためです。

一方、受け取りは所定の委任状を利用することで代理人が受け取ることができます。

委任状は申請時にもらえます。

無犯罪証明は受取りしか認められず郵送は不可です。

 

 

その他補足事項、注意事項

自身の状況を正確に説明できるようにしておく

大阪府警察本部に無犯罪証明の申請に訪れた時のこと。

住民票の除票など準備書類も入念にチェックして問題なしの状態。

いざ申請という段階で、対応してくれた鑑識課の係の方(若手の方)にこう言われました。

 

「なんで無犯罪証明が必要なのか分からない。」

理由は大坂府警察本部の刑事部鑑識課で共有されていたNZ移民局に無犯罪証明を発給する際の条件でした。

ワークビザ申請の場合、NZのリカーライセンス(酒類販売の資格)取得時かカジノのディーラーでの勤務の場合しかNZ移民局が無犯罪証明を求めてこないと彼らは思っていたようです。

 

一方、僕は職種はレストランのサブマネージャーでしたが「Essential Skills Work Visa」の申請でNZでの滞在が2年以上になる予定。無犯罪証明が必要なのは申請用紙INZ1015の書面からも明白な状況でした。

 

INZ1015の申請用紙の無犯罪証明の必要箇所を見せ、

2年以上滞在で無犯罪証明が必要となることを説明し、

パスポートのスタンプからNZの入国日を確認してもらってようやく分かってもらえました。

 

このように警察庁の担当部署が常に最新情報や詳細情報を持っているとは限りません。

事前にしっかり電話で質問しておくことはもちろん、どういう状況と理由で無犯罪証明が必要なのかを証拠も含め明確に説明できるようにしておくことをオススメします。

 

ニュージーランドワークビザのネット申請について

2016年7月、僕はワークビザ申請の手続きを紙ベースですることに決めました。

 

ネット申請の場合、必要書類のほとんどをPDFファイルにして添付するように指示されています。

無犯罪証明もその中に含まれていました。PDFデータにするにはスキャンの必要があり、封筒を開封しなければなりません。

ですが、警察本部のHPでも下記のように注意書きがあります。

 

案外、ニュージーランド移民局も日本の警察庁もお互い制度がどんな感じで施行されているのか知りません。

この場合、NZ移民局は開封不可であることを知りません。紛らわしいですが開けないように注意しましょう。

 

 

最後に

日本へ一時帰国した際に申請する場合は事前準備がかなり重要です。

必要書類の準備を忘れても大目に見てもらえるとは考えない方がよいでしょう。

 

僕はニュージーランド出国前に2、3回担当の鑑識課に電話をして確認しました。

国際電話でお金がかかりましたが2〜3か月かかることを考えれば安いものです。

それでは本日はこの辺で!

See you next time!!!

 

 

関連記事一覧

●ワークビザ申請書類一覧へ戻るにはこちら

NZワークビザ申請の必要書類詳細まとめ|2019年版

2017.02.20

 

●無犯罪証明をNZ国内から申請する場合はこちら

無犯罪証明書をNZ国内から申請する方法を徹底検証 - NZワークビザ申請2019年版

2017.02.26
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です