ニュージーランド生活で財布は邪魔なだけ!?お財布事情を解説!

こんにちは、Yuです。

「ニュージーランドでワーホリや就学ビザなどで長期生活に財布っている?」

 

ワーホリや就学ビザなどで現地に長期滞在予定だと気になる方も多いでしょう。

この記事では、ニュージーランドで3年間生活した僕の経験からの1つの考え方を記事にしてみます。これには様々な視点や考え方が人によってあるでしょうが、あくまで「利便性」の視点に特化して書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

ぶっちゃけNZ生活で財布はなくてもいい!!

ニュージーランドで仕事をしながら1年以上の長期生活を送ることが見込まれるなら、僕は財布は必要ないと考えます。

 

カード1枚で日常生活は完結する!

ニュージーランドではキャッシュレス文化が相当進んでいます。

現金が必要な場面はまずありません。状況によって例外的に現金を使う場合がある・・ってくらいです。

僕はクィーンズタウンという田舎町で生活をしていました。大手スーパー、コンビニ、町のカフェ、レストラン、ガソリンスタンドなどでカード支払いをできない飲食店は99.9%ありませんでした。クレジットカード、デビットカード、エフトポスカード、のいずれかを保有していれば支払いはいつでもどこでも可能です。

 

エフトポスカードとは?

ニュージーランドの銀行で口座を開設するときに誰でももらえます。日本の銀行でもらえるキャッシュカード味たいなものです。そして、NZ国内で仕事をするなら納税の関係上、必ず開設する必要があります。

 

エフトポスマシーンでちょちょいと決済可能

写真のようなマシーンがNZ国内の商店のレジにはほぼほぼ置いてあります。決済のときにカードを差し込み暗証番号を入力。受付が成功すればそれで決済完了です。サイン不要です。

もちろん、クレジットカードやデビットカードでも決済できます。クレジットカードに関してはサインが必要なケースもありますが、暗証番号だけの入力で決済を完了できることの方が多いです。

また、「Pay Wave」というシステムが最近は主流で、一定金額以内なら自分のカードをこのマシンにかざすだけで決済が完了することも多いので非常に便利です。

 

 

カードケースがあれば便利!!

買い物はカードさえあればどこでもできます。なので、普段はカードさえ持ち歩いておけばOK。

僕も日本から長財布を持っていきましたが、半月で使わなくなりました(笑)

Pay Wave対応のカードならいちいち決済時にこのカードケースから出さずにエフトポスマシーンにかざすだけで決済が完了するので超ラクです!!

 

カードをそのままポケットに入れるのはオススメしない

磁気部分やICチップの劣化に直結します。運が悪いと割れたりすることもあるでしょう。

使用不能になった場合、1枚しかカードがないと決済不能になります。銀行に行けば新しいカードをもらえますがそれまでお金なしで生きて行けるでしょうか?

なのでカードケースなどにいれて持ち歩くのを推奨します。

 

 

絶対ではないが、現金が使いたいときもゼロではない!

とはいえ、全く現金を使う場面がないかといえば、さすがにそこまでではありません。例えば、こういうときです。

 

チップを個人的に渡したいとき

最近のエフトポスマシーンは進化していて、この機械を通じてチップを支払うこともできます。

けど、この方法だと「お店」には支払えても、お気に入りのスタッフに支払うことはできません。レストランやホテルで「すごくいいサービスをしてくれた彼(彼女)にチップを個人的に渡したい」というときは現金を持っていると役にたちます^^

 

バーで遊ぶとき

バーでお酒を入れてもらうときでも、もちろんカード払いはできます。

ただ、ビリヤードやダーツマシーンで遊びたいときは日本のゲームセンターと同じで「コイン」が必要になります(一回$2が多い、コイン投入口に$2コインを入れるマシーンや台がほとんど)。

運がよければカードで$10支払って、$2硬貨を5枚くれたりしますがお店によります。あとは事前に銀行でカード口座からお金を降ろし現金を調達しておくくらいでしょうか。

 

稀にカード決済ができない店舗がある

クィーンズタウンんで生活しているとき、1軒だけ昔から営業しているコーヒー屋さんは現金でしか支払えませんでした。

また、ニュージーランドでは農場でのフルーツピッキング(さくらんぼ狩りなど)も有名ですが、農場レベルになってくると5軒に1軒くらいの割合で現金のみのお店もあります。

路上パフォーマーへの投銭は基本現金、さらに露店(屋台)でも最近はカード払いできるところが増えてますが、現金のみの場合もそれなりにあります。

スポンサーリンク

 

とはいえ華美な長財布は不要

そういうケースにも柔軟に対応したいという方は財布を持っていた方がいいでしょう。

しかし、現金を収納できればそれで足ります。ジーンズのお尻のポケットに長財布を入れて歩いている観光客を見かけたこともありますが、やはり盗難や紛失のリスクはあるのであまりオススメはしないですね。

僕は、そもそも出かけるときに余計な荷物を持っていきたくないので、カードケースのみの一択でした。

 

 

まとめ

・財布はなくても十分生活できるし困らない

・ブランド物の長財布は管理が面倒だし、盗難や紛失のリスクにもつながる

・チップなどに対応するため最低限の財布やコインケースは持っていてもいいかも

 

渡航にあたりできる限り荷物を減らしたいという方は、1つ参考にしてみてください^^

それでは今回はこの辺で、See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です