ワーホリ時代からの仕事で超役立った英単語・フレーズ集5 inNZ

僕はニュージーランドのとあるレストランでサブマネージャー兼ウェイターをしています。

 

どのような業種でも仕事でパソコンを使う機会が多くなってきています。また、複数人でデータのやり取りやメールをするケースも珍しくありません。

 

そんな時にサラッと使える英単語や英語フレーズをこの記事ではいくつか紹介したいと思います(^^)

 

 

スポンサーリンク

 

 

e-mail = メールする

One of my friend e-mailed me last night.

昨晩、友人の一人がメールしてきた。

このように「動詞」としてそのまま使っても通じます。最初僕は「send a e-mail」と言ってましたが長ったらしくて嫌だったのですごく助かっています。

 

 

upload = アップロードする

こちらも同じく「動詞」として使ってしまって問題ありません。「upload a PDF file」という感じで使うことができます。

 

 

figure out = 理解する

Can you help me figure out what to do to upload this file??

このファイルのアップロード方法、教えてくれる??

そのまま訳せば「解く、解決する、解明する」などという意味になります。この「figure out」は頻出英語フレーズなので覚えておくと良いでしょう。

 

 

First of all, = まず、最初に

Can you help me figure out what to do to upload this file??

このファイルのアップロード方法、教えてくれる??

OK. First of all, you need to do….

オッケー。まずは、こうする必要があって…

順序立ててする説明の最初の文頭に置くことで「まずは、最初に..」という意味で使うことができます。

first of allの後

「Secondly, Thirdly,…Finally」 「Next, then, and….Finally」など、前者のように序数を使用するのもありですし、後者のように表現するのもありです。

 

 

stand for = 表す、意味する、理解する

「FTPって何なの??」とそもそもそのファイルが何かわかっておらず、その説明をする場合、

FTP stands for File Transfer Protocol and …

FTPってのはファイル転送プロトコルという意味で、….

英単語では「mean」が近い意味でよく用いられると思います。別のバリエーションの言い方として覚えておくと便利ですよ(^^)

 

 

handy = 便利な

「his handy camera」「my handy lap top」などと使えます。

便利といえば「useful」も使いますが、個人的にはこちらの方が日々の会話で「これめっちゃ使いやすくてさ^^」という感じで好きです。

 

 

in your case = あなたの場合は

例えば、アプリのインストール方法を質問されたとします。

しかし、持っているパソコンの機種、スマホの機種が違えば同じアプリをダンロードするにもプロセスが異なりますよね。そんな時「in your case = あなたの場合は」とつけてあげると分かり易いです

 

自分のケースから説明するなら「In my case,」となります。「For example = 例えば」に加えて、事例紹介する際の単語のバリエーションが広がりますよ(^^)

 

 

login credential = ログイン認証

You need to set login credentials.

ログイン認証が必要になるよ。

「user name」と「password」がいるよっていう場合、この一言でまとめて言うことができるので僕は多用しています。

 

 

presume = 〜だと推定する

This file is about 500MB, I presume.

このファイルは500MBくらいだと思う。

この単語を知るまでは、こういう場合でも「I think 〜」と言っていました。通じはしますがやや幼稚な印象を相手に与えてしまう可能性はあります。

 

 

set 〜 up on one’s PC = パソコンに〜を設定する

I set the security soft up on my PC.

セキュリティソフトを自分のPCに設定する。

こんな感じです。こういう一見簡単に見える言い回し、いざ使おうとするとなかなか口から出てくるものではありません。練習あるのみです!!

 

 

最後に

 

ここまでの単語やフレーズを駆使すれば、「まずソフトウェアをパソコンに設定して、その後ログイン認証、それから….」と順序立ててPCやスマホの操作を英語で説明することができます。

 

仕事、プライベートいずれの場合でもPCやスマホを活用する場面が数年前に比べると圧倒的に増えたと感じるのでこの記事を作ってみました(^^)

 

それでは、今日はこの辺りで!See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です