【一つ上級の英語】「理解できませんでした」で相手を怒らせない心遣い

相手が何を言っているか、英語が聞きとれなかったときに

「すいません、理解できませんでした。 もう一回言ってもらってもいいですか?」

などとしっかり聞きなおすことは大事なこと。 しかし、特に語学学校に通っている初心者の人のほとんどは、

「Sorry, I can’t understand !!」

と連呼していました。

「ごめん、理解できない」という直訳になるんですが、皆さんはこのフレーズがどういうニュアンスをもつか意識されたことがあるでしょうか??

場合によっては相手を怒らせてしまったり、驚かせてしまうケースがあります

詳しく記事にしていきましょう!

 

スポンサーリンク

「I can’t understand(理解できませんでした)」のニュアンス

そもそも理解できないときに使います!!

これけっこう重要です!

例えば上司にコピーを頼まれたがうまく聞きとれず意味が分からなかったとしましょう

 

上司「Yu(僕の名前)!! Can you make a copy this document , please??  」

   ゆう、この書類のコピーとってもらっていい??

YuSorry, I couldn’t understand. Could you say it again, please??

  すいません、わかりませんでした。もう一回言ってもらっていいですか??

 

分からなかったこと、もう一回言って欲しいことを丁寧に伝えているようにもみえます

しかし、ニュアンスとしては基本的にこう伝わります。

 

YuSorry, I couldn’t understand. Could you say it again, please??

  すいません。意味分かりません。もう一回言ってもらっていいですか??

 

もし逆の立場だった一瞬ギョッとしませんか??

「あなたの言っていること言語的に理解できませんわぁ〜」

あなたがコピーを頼んだとして、このように返答があったらどのように思いますか?

 

キレてると思われる or  懇切丁寧な指導が始まる

あくまで可能性ですけどね。 でも僕は

あ?他の暇そうなやつに頼めやぁ〜」という婉曲表現にも受けとってしまうと思います(苦笑)

また、丁寧かつ紳士な上司なら「コピーとは何か」から「詳細なコピーの取り方」まで懇切丁寧に30分くらい時間かけて教えてくれるかもしれません

では、どのような場面で使えるのでしょうか

 

例えばこういう感じで使えます

例1:笑いのツボがわからんとき

僕は関西出身なんですが、ニュージーランド人の笑いのツボがわからなくて困ることが非常に多かったです(苦笑) きっと僕だけじゃないはず!

特に一緒にテレビをみていたとき。

ホームステイ先のパパがTVのギャグでゲラゲラ笑っている。 パーソナリティのみんなも笑っている

 

So funny, isn’t it??

 超オモシロくない??

 

と言ってきたとします。 1ミリも笑いどころと感じた僕はこう答えることができます。

 

Is it?? I can’t understand.

 マジ?分からんわぁ〜!!

 

こういうと、まぁ最初のほうは頑張っておもしろい理由を説明してくれようとします

英語としてはわかります。 でも、何がおもしろいのかわからない・・・ということがままあるわけです

あまり質問しすぎるとボケやギャグの説明をさせるという地獄みたいな任務を何度もさせることになってしまうので、ほどほどにしておきましょう!

この辛さ、関西人のみんなはわかってくれるはず!!

 

例2:全く新しい文化や考え方に触れたとき

世界には昆虫食文化の方々もいますよね?

日本人の我々にはほとんど馴染みがなく、気持ち悪さしかなくてもある地域では割とごちそうだったりすることがあります

なかなか理解できない領域です。 そういうときも

I can’t understand.

と表現することもできます

 

こっちの表現のほうがしっくりくるが・・

最初の上司の例に戻るとこうなります。

「I don’ t understand.」
「I didn’t understand.」

 

僕としてはこっちの方が「そもそも理解していない」感じのニュアンスが強いと思い込んでいました

しかし、「can, can’t」ができるできないが基準の表現になりますからね

ウェイターの仕事のとき、僕の料理の説明がお客さんにうまく伝わらないことがありました

そのときの男性のお客さんも

I don’t understand.

と口走っていたのを覚えています

しかし、これはかなりタメ語な英語になりますので接客などフォーマルな場ではあまり馴染みません

 

I beg your pardon?

まず聞きとれなかったときは、このように聞き返せば間違いありません

これはホテルなどの接客でも使えるかなり丁寧でフォーマルな英語です

友人などもっとカジュアルな関係なら、

Pardon me ??

Excuse me ??

聞こえないという意味で「すいません?」「え?」という感じです。

I can’t understand というよりも、こっちの方がネイティブの人も普通にもう一回言ってくれますのでオススメですよ^^

 

Excuse me, sir. What do you mean?

本当に意味が理解できなかったときはこのように質問するほうが自然です

再度言ってもらっても理解できなければどうすればいいのでしょうか?

仕事の場面では意味が理解できないと致命的なので、わからないまま処理はせず、わかる人を呼んできて対処することをオススメします

 

まとめ

I can’t understandを以下のように言い換えよう!

・I don’t(didn’t) understand. →友人などカジュアルな関係ならこれ

・I beg your pardon? →仕事などフォーマルな場で、よく聞こえなかった場合

・What do you mean? →意味がそもそも理解できなかった場合

 

現地の人も、英語が未熟な人は一言話せばわかります

多くの人は、言い直したり説明したりして丁寧に対応してくれますので、めげずにどんどん聞き返しましょう!

きくは一時の恥ですが、聞かずはずっと恥ですから

それでは今日はこのへんで!!See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です