【一つ上級の英語】「あなたの仕事は?」を英語で何という?

「What is your occupation?」

What is your job?  と大多数の人は言いますよね?  それでも正解です

でもこの黄色いマーカーの表現でも正解です

何が違うのか、使い分けについて本記事では解説していきます!!

 

スポンサーリンク

同じ「あなたの仕事は?」でもニュアンスが違う!

What is your job??

だいたいどんな場面でも使います

例えば、友人同士、語学学校のクラスメイト、知り合いなど

どっちかといえば、プライベートやオフシーン、もしくは英語初心者〜初級者によく使用される表現です

ではもう一つはどんな場面で使われるのでしょうか

 

What is your occupation??

これはどちらかといえば

「あなたの職業は?」

という表現のほうがしっくりきます

フォーマルな場面で耳にすることが多いです

 

例えば、

警察官、面接時、ビザの手続き関連、入国審査などで職業を質問されるケースです

ワーホリ生活などに慣れ、語学学校も卒業し次のステップに進むときに度々耳にしたり見かけたりするので覚えておいて損はありませんよ^^

 

警察官が僕たちにWhat is your occupation?と質問するケース

僕が警察官にこの質問を受けた場面をご紹介しましょう!

それは、「交通違反で警察にとめられたとき」でした(泣)

尋問される中で「君、職業は?」というフレーズがこれでした(T-T)

 

自転車運転中に警察に捕まった・・・

最近は日本でも自転車に対する取り締まりがかなり厳しくなってきましたね

それでも、日本で交通違反で警察にとめられるとすれば「自動車」を運転しているときですよね?

ニュージーランドでも自動車への取り締まりは厳しいのですが、自転車も同じくらい厳しいのです

「いやいやいや、軽車両だろうがぁぁ!!」 とツッコミを入れたくなりますが、容赦なくガッツリ取り締まりを受けます

 

普通に違反切符を切られる

車やオートバイ、原付を運転したことがある人なら、一度くらい警察にとめられたことがある人がほとんどだと思います

信号無視、スピード違反、一時停止無視、二人乗り、逆走・・・

こんなところでしょうか。 そして、警察官は書類を渡してくると思います

そして、反則金の納付のため後日警察署にくるように、と言われますよね?

 

ニュージーランドでは車などの違反全く同じように違反切符をきられ、後日警察署に違反切符をもってこいと命令されるのです

ちなみに何で違反の取り締まりを受けると思いますか?

スピード違反? 二人乗り? 信号無視?

 

実は、自転車で検挙される原因のほとんどが「ヘルメット」「ライト」のいずれか、もしくはその両方なんです

ニュージーランドは日本のように公共交通機関が発達していないので、自転車は車に次いで重要な移動手段です

しかし、その分法律が厳しいです

乗り始める前に必ずルールを確認することをオススメします! 罰金額は普通に5000円クラスです

 

交通違反が永住権審査にも影響するようになってきている

余談ですが、2016年10月のニュージーランド永住権の申請基準が変更された際、交通違反歴も審査基準に影響するようになったと言われています

それまでは交通違反は審査基準に関係ありませんでしたが、昨今の移民激増の背景から考慮されるようになりました

とくにやめたほうがいいのが飲酒運転です!!

少しくらい飲んだからって自転車を運転することに抵抗のない方が日本だと多いですが、ニュージーランドではやめておきましょう!

それでは、今日はこの辺で!!

See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です