ニュージーランドのクレジットカードの使い方 日本のサイトで買い物編

ニュージーランドの銀行カードの使い道って、仕事の給料の振込みと現地での買い物での使用が90%以上は占めると思います。しかし、たまに日本のサイトやネットショップなどでNZのカードを使って買い物したいと思うこともあるかもしれません

 

でも、こっちで作るカードってほとんどの場合 Eftpos( Debit ) カード。僕のKiwi BankのカードにもめっちゃDebit Card(デビットカード)って印刷してあるけど、これ普通にクレジットカードとして使えるんだろうか…と悩みに悩んだ時期がありました。

 

同じような人がいるかもしれない..ということで記事にしてみました^^

スポンサーリンク

Debit Card って何? in ニュージーランド

【Debit Card ( デビットカード )】は、クレジットカードと同じように現金を使わず買い物ができるクレジットカードの一種。口座の残高の範囲でしか支払いのできないカードで、日本でもようやく浸透し始めてきましたね!!

 

日本で多くの人が作っているのは【 Credit Card(クレジットカード)】。支払いが翌月末などにまとまって請求されます。買い物の時点で残高が十分なくとも請求時に口座残高があればいいんですよね。サラリーマンの場合、毎月の給料のおかげでCredit=信用があることから保持が可能となるカードです。

【 Debit Card(デビットカード)】【 Credit Card(クレジットカード)】別物なんですよ。

 

そこで頭をよぎったのが、

クレジットカードなら海外で買い物も余裕できる。

でも、デビットカードってどうなんよ!!

しかも、ニュージーランドのデビットカードやで!!

ということでした。

 

Debit Card( デビットカード )は日本のネットショップでも使える

 

結論、日本のネットショップなどでニュージーランドの銀行で作る【 Debit Card(デビットカード) 】を使った決済は可能です。しかし、条件があります。

 

これ、僕のKiwi Bank(日本でいう郵貯っぽい銀行)で作ったカードです。赤い下線の箇所でデビットカードであることが確認できます。その上に赤丸のところに

 

【 カード会社名 】(【Visa、Master Card】など)とデカデカ印刷されています。

 

これがあれば、ニュージーランドで作ったデビットカードであってもクレジット払いに対応している日本のネットショップでの決済がNZ$(ニュージーランドドルベース)で行うことができます。

 

全てのサイトで使用可能ではない

日本の一部サイトやアプリの決済において、ニュージーランドのデビッドカードを登録・利用ができないサービスもあります。

その場合、そのサイトがPay Pal対応している場合に経由して支払いを試みましょう!

 

 

カードを作る際にクレジット機能をつけよう

ニュージーランドで初めて銀行口座を作る場合、デビットカードである場合がほとんどです。その際、2つの選択肢があります。

 

クレジット機能をつける

先ほどの僕のカードの写真のように(モザイクかけてますが)、VisaやMaster Cardの文字が印字されている種類を選択できます。世界中の加盟店でNZ$のままで買い物ができます。上記2社が日本で一番対応件数が多いので、この2種類をオススメします。

 

カードを作る時に銀行の係の方が、クレジット機能をつける質問してきますので希望しましょう。ちなみに年会費や口座維持手数料がかかることが多いですが月々$5〜10くらいです。

ネットでよく買い物はもちろん、航空チケットの手配など様々なケースを考えると、つけておいたほうが無難かと僕は思います。

 

クレジット機能をつけない

先ほどの僕のカードの写真から【 カード会社名 】のロゴの印字と、Kiwi Bankのロゴの印字の下の四角形の黒塗り部分にはICチップがあるんですが、これがなくなります。

 

余計な年会費は一部大手銀行を除いてかかりません。スーパーやコンビニのレジでは普通にキャッシュレスで支払いができます。しかし、クレジット機能はついていないので、Amazonや楽天などで決済を行うことはできません。支払いの機能のみついてきます。日本の銀行の普通のキャッシュカードがレジの決済で直接使えるって感じです。

特にクレジット機能が必要ない場合は、除外するのも1つの手段です!

 

僕はクレジット機能付きをオススメします!

 

2018年現在では、電子書籍、Amazonなどネット上での決済が気軽にできる環境になってきています。日本に一時帰国する場合だと、Wifiレンタル、ホテル・飛行機予約などでクレジット機能がついていると決済が非常にスムーズです。

逆に、機能がついていないと毎回カウンターへ直接行き、現金やデビットカードで支払いをしなければならないケースが出てきます。

しかも、ニュージーランド国外のサービスを利用する場合など、物理的に距離があり行けない場合はそのサービスを利用することができません!そんなの不便きわまりないので繰り返しになりますが僕はクレジット機能つきのデビットカードを作ることをオススメします!

 

まとめ

・初めてニュージーランドで銀行口座を開設する場合は、ほぼ【デビットカード】

・クレジット機能付きか、なしかで選択できるが機能付きがオススメ!

 

最初僕は銀行の人が何を言っているか全く分からず、「不便なのは嫌だ」と言い続けていたら機能が付いてきました(笑)。でも、今思えば本当につけておいてよかったと思っています。毎月少しの出費になりますが、時間と労力を買っていると考えれば安いものですよ^^

 

それでは、See you next time!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です