車の鍵の車内閉じこめ対処法!炎天下で締め出されないために!

カギを車の中に閉じこめてしまった!!

日本でやってしまっても焦りますが、ニュージーランドでやってしまった日にはどうすればいいのでしょうか?

僕の最近の経験から対処法を本記事で書いていきます!

スポンサーリンク

まず「半ドア」かどうか確認!- NZで車のカギ閉じこめたら

カギがかかった状態だと半ドアでも車のドアはひらきません!!

しかし、無理やりこじあける前に、そしてスペアキーを探す前に次のことを試してください!

 

「半ドア」状態のドアをそのまま押しこんでみよう!

このとき、車のドアノブには一切ふれず半ドア状態が解消されるように押し込みます。

だいたいの車種だと、「半ドア状態のまま」カギがかかっていても、ドアを押し込むことでカギがあきます!

ダメ元で試してみましょう。

あいたら儲けものです!

※ドアノブは触らない!

あなたはリモコンキーで車の鍵をしめないときにどうしますか?

運転席のドアをしめる前に、鍵をロック状態にして、外からドアノブをあげた状態でドアをしめるかと思います。

半ドア状態でも、これをやってしまうと通常通り、しっかりカギがしまいます。気をつけましょう!

 

ドアが完全にしまっている場合

まずスペアキーを探す

あれば助かります!

しかし、問題はスペアキーが見当たらない、もしくはそもそも作ってない場合です

 

その場合、次の2つの手段があります。

・「自力」であけるか

・「業者」に依頼するか

スポンサーリンク

 

「業者」に依頼する場合!

ニュージーランド版のJAFのような組織があります。

AA(New Zealand Automobile Association)です。 ニュージーランドで車を購入した際、任意保険に入るならこの組織を使います。

お金を払えば年単位で会員になることができ、非会員よりも様々なサービスが安く利用できます。緊急時は心強いですよね!

ロードサービス(24時間対応)のサービスもあり、利用することができます。手順は以下の通りです。

 

AAのサイトにアクセス→ロードサービスへ電話

上記のリンクからサイトのトップページへアクセスします▼

このトップページの下部へスクロールしていくと▼

最下部に緊急時の電話番号か書かれています。

車を傷つけずにドアをあけたいときや、夜中で助けを頼れる通行人もいないときなどに便利です!!

ただ、もちろん費用は$200以上は少なくとも覚悟しておくことをオススメします。

※画像について

画像は本記事作成時のものです。NZでは表示されている電話番号などはコロコロ変わります。ご自身でホームページへアクセスし、正しい電話番号を確認してから連絡してください!

 

「自力」で車の鍵をあける場合!

年式の古い車なら可能性があります。

ただ、車を傷つけたり鍵が壊れる可能性を覚悟しなければなりません(どこも壊れないケースもありますが)。

また、年式の新しい車は防犯対策が講じられていることが多く、ネットやyoutubeで紹介されている方法を実践できないことの方が多いことを肝にめいじてください!

 

ワイヤーを使ってあける

年式の古い車だとこの方法が有効な場合があります。

しかし、もちろんですがドアを傷つける可能性はおおいにあるのと、防犯上割と安心できない車であることが判明してしまいます。

それでも、締め出されるよりはマシなので、すぐに調達できる場合はこの方法を試してみるといいでしょう。

 

針金ハンガーを使ってあける


気をつけないとドアの内部構造を破壊してしまう可能性があります。

また、比較的新しい車はこのあたりの防犯対策もなされていることが多いですので注意が必要です。

 

長い糸を利用してあける

自宅前でなら針金ハンガーやワイヤーをすぐ調達できるかも知れません。しかし、外出先で都合よくワイヤーや針金ハンガーが手に入らないことの方が多いと思います。

そんな時に利用できそうなのが「糸」です。


これなら比較的新しめの車にも使えそうですし、ワイヤーや針金ハンガーを利用するよりも車に優しそうですよね!

 

外出先なら「靴ひも」でも対応可能!

そんな都合よくヒモなんてねーよ!

となりそうな場合は「靴ひも」を利用できるかもしれません! 靴ひもでドアをあけている動画がありました!


靴ひもって意外に長いですし、平べったいので動画内の新しめの車でも対応できています。

 

緊急なら「窓を叩き割る」

修理代はかかりますが手取り早い方法といえば、これですよね。 近くの石など硬いものを利用しましょう!

ナイロン袋や靴下があれば、中に石や小銭を詰めて、遠心力で叩きわるといいでしょう!

殴って割るのもありですが、映画のようにそんな簡単には割れない・・といいますか、手を怪我する可能性(裂傷、骨折)が高いのでやめておきましょう!

また、叩き割るなら運転に支障の少ない後部座席にしておくのがオススメです!

 

まとめ

・半ドアの場合は、その状態からただドアを押しこめば鍵があく

・半ドアでなければまずスペアキーを探す

・スペアがなければ業者をよぶ or 自力であける

・自力であける場合は故障のリスクを覚悟する

 

また、可能なら家族や友人にスペアキーを持ってきてもらうのも1つの手段ですよ^^

車の鍵を車内に残したまま鍵をしめてしまった場合は、まず落ち着いてから対応策を練りましょう!

それでは、See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です