クィーンズタウンのフラット(賃貸):Frankton周辺から東側

ニュージーランド南島南部の観光都市クィーンズタウン(Queenstown)。

比較的小さな町ですが主な居住エリアが10箇所ほどあります。フラットを借りるには職場の場所との兼ね合いが重要です。特にワーホリでこれからクィーンズタウンに..という方や、既にニュージーランドにはいるが引っ越しでクィーンズタウンを考えている人などは、土地勘が全くないので難しいのではないかと思います。

 

今回の記事ではクィーンズタウンの中でも第2の市街地とも言える「Frankton(フランクトン)」周辺から東側地域の居住エリアを紹介していきます。

 

「仕事との兼ね合い?」、「Town Centreってクィーンズタウンのどのへん?」という方は一度下の記事を一読されるとよりわかりやすく本記事を読めると思いますので参考までにどうぞ^^

クィーンズタウンでフラット(賃貸)探す時に心がけたいコツ

2017.09.15
スポンサーリンク

 

Frankton(フランクトン)エリア

 

概要

クィーンズタウンの街の中心からの距離:遠い(5km〜8kmくらい)
※徒歩非推奨 ※自転車非推奨

競争率:中程度

家賃:高い

 

メリット

このエリアは商業施設の一帯に近いので買い物が便利です。

大手スーパー、アジアンマート、車屋さん、ジム、酒屋、雑貨屋、ガソリンスタンドなどバリエーションが豊富です。カフェやレストランも存在するのでクィーンズタウンのTown Centre(タウンセンター)まで行かなくても十分生活できてしまいます。

冬はリマーカブルスキー場とスキー場がTown Centreより近いので便利です。

車を持っている人はTown Centreとの行き来もラクですし、バスも昼間は15分に1本Frankton(フランクトン)との間で出ているので公共交通機関でも不便さを感じることは少ない地域です。

 

デメリット

クィーンズタウンのTown Centreからはかなり遠いです。徒歩だと最低90分ですね。自転車も不可能ではありませんがお勧めはしません。アップダウンが思った以上にあり、よほど体力がある人や相当慣れている人でないと行き来だけでヘトヘトになります。

Town Centreへのバスの一週間パスは$47です。期間中乗り放題だとしても月に交通費で$200は割と高額ではないでしょうか。車でも片道5-8kmを考えれば、月のガソリン代も$100以上は見ておく必要があるでしょう。更に、メインのFrankton Road(フランクトンロード)は夕方5時頃になるとめちゃくちゃ渋滞します。裏道の知識は必須です!!

クィーンズタウンで悪名高い大家の家があるのもこの地域です。ニュージーランドの法律スレスレの人数まで同じ家に人を住まわせており環境は非常に劣悪です。ごく少数ではありますが、ハズレのフラットもあるので注意が必要です。

 

オススメの人

車を持っている人にはオススメのエリアですね。

Frankton 周辺では2017年現在も商業施設の開発が進んでいますので、生活環境は非常に良いと感じます。ワカティプ湖のほとりは散歩道になっており、ウォーキングも楽しめます。景色はかなりいいですよ^^

 

 

Kelvin Heights(ケルビンハイツ)エリア

概要

クィーンズタウンの街の中心からの距離:相当遠い(12km〜15km)
※徒歩→ムリ! ※自転車→ムリ! ※ボート出勤推奨

競争率:中程度

家賃:高い

 

メリット

クィーンズタウンで富裕層が多い地域の一つです。一つ一つの家がデカイ!!この町だと数億円するような物件が立ち並びます。運が良ければそんなフラットで過ごせる可能性もあります。

また、ワカティプ湖が近くにあります。景色はかなりいいです。Town CentreやメインのFrankton Roadからかなり離れています。日々の喧騒から離れ心を落ち着けるにはいい場所だといえるでしょう。

ゴルフコースに程近いので興味のある人にはいいかも知れません。しかし、けっこういい値段すると聞きます..。

 

デメリット

陸路だとクィーンズタウンのTown Centreから10km以上離れています。地図でわかるかと思いますが、Frankton周辺まで迂回しないといけません。近いか遠いか問われれば、迷わず答えは「遠い」となります。

因みに水路だと1km-3kmです。強者はボートでTown Centreまでやってきます(冗談抜きでw)。

周辺に商業施設は皆無です。Franktonまで出なければいけないのでその点やや不便と言えます。

Town Centreからバスも通ってはいます。が、Franktonのバスシェルターで一度乗り換える必要がある上に、ケルビンハイツ方面の本数は多くないので要注意です。

 

オススメの人

車かオートバイを持っている人にはオススメです。

ボートを持っている人だとTown Centreへの通勤もいいかも知れません。車や自動二輪での通勤ならFranktonエリアだと片道10分〜15分程度で通えます。仕事後にスーパーに寄る時間があるならいいですね。

昔、語学学校の友人がこのエリアの家にホームステイしていました。そのご家庭でのバーベキューパーティーに呼ばれたことがあったのですが、景色がよくビールと肉の旨さが100倍増しだったのを覚えています。

 

 

Jacks Point(ジャックスポイント)

概要

クィーンズタウンの街の中心からの距離:相当遠い(15km)
※徒歩→ムリ! ※自転車→ムリ! 

競争率:中程度 ※季節による

家賃:高い

 

メリット

実はこの地域はあまり行ったことがありません。しかし、たまにこの地域のフラットメイト募集の広告が出ているのを見かけます。

唯一知っていることは、リマーカブルスキー場にはかなり近いということです。冬のシーズンはいいかも知れません。

 

デメリット

Town Centreから10km以上離れており、「遠い」以外の表現は見つかりません。

極めつけは、商業施設のあるFrankton(フランクトン)からも数kmは離れています。バスもおそらく通ってません。なので車や自動二輪がないと生活できません。

 

オススメの人

よっぽど家が見つからない場合でも、車や自動二輪のない人は間違って応募しないようにしましょう。スキー・スノボー民には良い地域だと思います。

 

 

Shotover country(ショットオーバーカントリー)

概要

クィーンズタウンの街の中心からの距離:相当遠い(12km程)
※徒歩→ムリ! ※自転車→ムリ! 

競争率:中程度

家賃:高い

 

メリット

近年開発された新興住宅地です。3年前はほぼ何もなかった地域ですが、今では立派な住宅街となっています。新しい家が多いので、古い物件が好きでない人にはいいかもしれません。

この住宅街の中心地には「Shotover Primary School 」という小学校があります。例えば、パートナービザで自分の子どもと長期で生活する場合は、小学校が近いので便利ではないかと思います。奥さんと共働きしながら..という感じの青写真を形にしやすい地域だと個人的には思います。

商業施設の多いFranktonにも車で10分ほどで、日々の生活にも便利です。

 

デメリット

Town Centreからは12kmとかなり離れています。バスは通っていますが、本数は多くありません。夜だと20時のバスを逃すと次は23時の最終便しか残っていませんので注意が必要です。

徒歩は論外、自転車も相当気合を入れないとかなり辛い事になると思います。

 

オススメの人

車など移動手段を持っている人です。お世辞にも、車がなくてもなんとかやっていけますよ〜なんて言えません。

 

 

Lake Hays Estate(レイクヘイズエステイト)エリア

概要

クィーンズタウンの街の中心からの距離:相当遠い(14km程)
※徒歩→ムリ! ※自転車→ムリ! 

競争率:中程度

家賃:やや高い

 

特徴はShotover Countryとほぼ一緒

相違点は、昔からある地域であるということです。

伴って、古い家なども点在しておりフラットも物件によっては老朽化が目につく可能性は否めません。そのせいか、Shotover Countryエリアよりはやや安い物件も見つかることがあります。しかし、過度に期待はせず、週$150-$200の家賃ならシェアルームと思った方がいいですね。

バスは本数は少ないものの通っています。夜の本数が少ないのが気になる人がいるかもしれません。

 

Arrow Town(アロータウン)

概要

クィーンズタウンの街の中心からの距離:相〜当遠い(21km程)
※徒歩→ムリ! ※自転車→ムリ! 

競争率:低〜中程度

家賃:中程度

 

メリット

厳密にはクィーンズタウンではないのですが、Town Centreエリアでの仕事で通勤されている方も多くいらっしゃいます。クィーンズタウンよりも狭いエリアのコンパクトな町です。

クィーンズタウンに訪れる世界中の観光客の多くはこのArrowtown(アロータウン)にも足を運びます。小さな町ですがオシャレなカフェやレストラン、アイス屋さん、パン屋さん、お土産やさん、ワイナリーと揃っています。

日々の生活の中で少し贅沢をするのが趣味、休日の午前中は外のテラス席でコーヒーすすりながら新聞読むのが日課…なんて方は住み心地が非常にいいかも知れません。

小さな町ですが日本人の女性で住んでいる人がいらっしゃいます(元同僚)。たまに部屋を貸したりもされているので、Facebookのフラットメイト募集のコミュニティで探してみるのもいいかも知れません。

 

デメリット

Town CentreからもFranktonからも遠いです。毎日通うとなるとガソリン代も気になりますね。往復40kmほどになりますから、レギュラーでも月$300弱は見ておきたいですね。

バスはかろうじて通ってますが、1日に数本のレベルです。Town CentreからのWeekly Pass($47)の適用区域かも怪しいですね(苦笑)

自然が超豊かなのですが、その分雪と寒さ虫には注意が必要です。クィーンズタウンよりも高度が高いので積もるときは積もります。

 

オススメの人

20kmも離れているとはいえ、Town Centreまでスムーズに行けば25分くらいです。Franktonエリアで15分-20分くらいと距離の割に時間がかかりません。信号がほとんど存在しない上に郊外道路の制限速度が100kmなのがニュージーランドのいいところですね。

車はマスト条件ですが居心地はいいですね。一回カフェへモーニングしに行きました。鳥のさえずりが響きわたる芝の生い茂る庭の一角でブラックコーヒーを啜る…といういかにもアニメでありそうな設定がデフォルトです。好きな方には良い地域だと思います。

 

 

Cromwell(クロムウェル)

概要

クィーンズタウンの街の中心からの距離:隣の県レベル(60-70km程)
※徒歩→ムリ! ※自転車→ムリ! 

競争率:低

家賃:低

 

メリット

大自然ですかね。クィーンズタウンも大阪や東京と比べると相当田舎です。しかし、それよりも更に田舎な地域です。一部のエリアを除き観光客はさほどは多くありません。

一部のエリアとは「フルーツ畑」!!いろいろありますが、特にチェリーピッキングは有名です。11月頃からシーズンです。伴って、フルーツ畑の仕事の募集などに合わせてこのあたりのフラットを借りてみるのもいいかも知れません。ファームや畑の仕事は肉体労働ですがその分稼げます。

また、シングルルームの家賃はクィーンズタウンよりも1割〜2割、2ルームや一軒家は3割〜4割安く、生活コストを相当下げることができます。場所に縛られず仕事ができるならいいかも知れません。

 

デメリット

60km-70kmってもはや隣の県ですよね(苦笑)。大阪駅から加古川駅や姫路駅。東京駅から小田原駅みたいな距離です。

もちろん、Cromwellでも最低限の生活はできます。ガソリンスタンドもスーパーも普通にありますからね。しかし、家財道具などの大きな買い物にはクィーンズタウンまで出てくる必要があります(というか出てきている人が多い)。

Cromwellエリア内での仕事もクィーンズタウンより多くありません。このエリアから毎日通っている猛者もいました。

 

オススメの人

フルーツピッキングやファームで稼ぎたい人にはいいでしょう。

車はマスト条件ですし、$1000や$2000程度の車では心もとないと思います。

フルーツ専門のお土産屋さんがあり、ドライフルーツから季節のフルーツまで美味しい旬のものが手に入るのがこの地域の特徴です。フルーツ大好きな方にはオススメ?したい地域になります。

 

 

まとめ

「クィーンズタウンに住む」とは言っても、これだけの地域から選べてしまうわけです。

フラットメイト募集のFacebookコミュニティーに詳細情報が書かれていることはあまりありません。エリアの名称がオマケ程度に書いてある程度です。日本の賃貸会社のように地図などの掲載はありません。それでも最低限エリアをおさえていないと物件を探しにくいです。

僕も過去それで苦労した覚えがあり、この記事を作ってみました。引越しの参考になれば幸いです。それでは!!^^b

 

 

 

NZ, Queenstownでの不動産探しまとめ

第一弾:クィーンズタウンでの不動産の探し方

クィーンズタウンで賃貸物件(フラット)を上手く探す方法

2017.09.10

 

第二弾:クィーンズタウンで不動産を探すコツ

クィーンズタウンでフラット(賃貸)探す時に心がけたいコツ

2017.09.15

 

第三弾:居住エリア紹介 〜Town Centre周辺1〜

クィーンズタウンのフラット(賃貸):Town Centre周辺1

2017.09.16

 

第四弾:居住エリア紹介 〜Town Centre周辺2〜

クィーンズタウンのフラット(賃貸):Town Centre周辺2

2017.09.19

 

第五弾:居住エリア紹介 〜Frankton周辺から東側〜

本記事です。

 

第六弾:不動産を探す時の注意点1

クィーンズタウンのフラット(家)。家賃と物件を探す際の注意点

2017.03.28

 

第七弾:不動産を探す時の注意点2

クィーンズタウンのフラット(家)。相場と物件を探す際の注意点2

2017.03.30

 

第八弾:実際に経験した賃貸でのトラブル

実際経験した不動産(フラット)契約上のトラブル in NZ

2017.09.11

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です