NZへの化粧品や液体の持ち込み方!大量の液体物はスーツケースへ!!

こんにちは。Yuです。

ニュージーランド生活で長期生活を始める。そんなときに持っていきたい化粧品やクリーム、1つや2つくらいありますよね?でも実際のところ機内に持ち込むことができるのか?ていうか、入国できるのか?特に初渡航の人は不安になると思います。

アドバイスとしては、機内で早急に使用しないものは全てスーツケースに入れましょう!!そして、必要最低限のものだけ手荷物として機内に持ち込みましょう。お土産類は全てスーツケースに入れておくのが安心です!

僕は、過去に2回一時帰国したときに液体化粧品やワインなどを何本も持って入国・出国してきました。

 

スポンサーリンク

 

スーツケース主義?それとも手荷物主義?

液体をスーツケースに入れるのか。それとも手荷物として持ち込むのかによって対応が変わります。

基本的にはスーツケースに入れる方が安全です。液体の容器の量制限はありませんし、没収される危険性もだいぶ下がります。

 

液体を手荷物として『機内』に持ち込むケース

飛行機の機内、使いたいものとしてが何があるでしょうか?歯磨き粉、化粧水、口紅、目薬、ワックスなどでしょうか?

いずれにせよ、国際線の場合以下の条件を遵守しなければなりません。羽田や成田からのフライトではこのように定められています。

100ml(g)以下の容器入機内持ち込み可
101ml(g)以上の容器入機内持ち込み不可

 

また、容器に数制限はありません。市販化粧品などの容器の容量が100ml以下ならそのままもって行って構わないです。しかし、容量1リットル以下(縦20cm,横20cm)のジッパーがついた透明のプラスチック袋にいれなければなりません。

1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入らない分は、100ml以下の容器に入っていたとしても持ち込めません。出国ゲートで没収・・・返却されることはありません。

完全な液体だけではなく、スプレー、ジェル状の製品も上記の基準にもとに判断されます。気をつけましょう。

 

出国手続後、免税店で購入したものは『機内』持ち込み可能

例えば、ワインなどのお土産を出国手続後に購入することができます。この場合、101ml以上の容器でも基本的に問題はありません。必要な包装をしてくれるので入国するまでは開封せずにおきましょう。

但し、運が悪いと最悪没収されることがあります!!

 

トランジットでの乗り換え時に没収されることもある

日本からニュージーランドに向かうメインの航空会社はいくつかありますね。

例えば、主要航空会社の1つであるカンタス航空(Qantas)を例に考えてみます。日本ーNZ間のカンタス航空便はほぼ100%オーストラリアの空港を1つ経由します。シドニー、メルボルン、ブリスベンなどいずれになるかは便によります。

僕の彼女がかつてNZから出国する際の体験です。マヌカハニーをお土産に買い、カンタス便でシドニーを経由し日本に帰る便に乗りました。するとどうでしょう。大丈夫なはずだったのにシドニーで没収されてしまいました。

スポンサーリンク

原因として推測1 – 免税店で購入していない

お土産やさんに機内持込の質問をしたときに「大丈夫」と回答されることがあります。

旅行客の来店が多いお店だとアドバイスを具体的にしてくれることがあるんですが、それが間違えていて没収されるケースがあります。

 

原因としての推測2 – 持込禁止物品の1つだった可能性

いくら基準を満たしていても持ち込めないものってありますよね?

例えば、青酸カリや液体の爆薬、ガソリンなどは100ml以下で袋に入れていても持ち込めません。ニュージーランドやオーストラリアは自然保護に相当力を入れています。特に食料品系の判断基準は相当厳しいです。

生態系などへの悪影響を考慮しているように考えられます。

 

原因としての推測3 – 係官の気まぐれ

日本人ってみんな本当に真面目に仕事をすると思います。海外の人ももちろん真面目に仕事をしているんですが、日本ほどは真面目ではありません。気まぐれで基準をオーバーしていても目をつむってくれることもあれば、その逆も然りです。

 

 

液体をスーツケースに入れて「機内」に持ち込む場合

スーツケースに入れる場合であればたとえ100ml(g)を超える液体容器であっても持っていくことが基本的にできます。例えば、僕の場合過去に以下のものを持っていきました。

・化粧水500ml×3本

・ハンドクリーム150g×4個

まぁかなり重かったんですが、特に没収されることもなく普通にニュージーランドに入国することができました。ただ、禁止されているものをスーツケースに入れていても税関などで没収されてしまいますので、その辺りはご注意ください。

 

絶対に大丈夫ということではない

手荷物の中に、下手にお土産などを持っていると没収される確率は高いです。

スーツケースに入れたら少しは安全ですが絶対はありません。スーツケースもX線検査がなされますが、係官の気になればスーツケースを開けて検査されます。

そのときに没収される場合があるのです。また、運が悪ければついでに貴重品も盗まれるといった事例も少なからず発生していることをお忘れなく。そういうリスクもあることは念頭に置いておきましょう。

スポンサーリンク

 

最後に

日本酒や大量の化粧水などをニュージーランドに持っていくときは、スーツケースにしっかりと梱包して持ち運ぶべきでしょう。

また、液体は重いのでカンタス航空(Qantas)の利用がオススメです。重量制限が30kgまでいけますからね^^

それでは今回はこの辺で!See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です