NZ生活でオススメのハンドクリームは「by nature」 -お手頃化粧品-

油断をすれば手がカサついてしまう皆さん。こんにちは!Yuです!

女子に限らず男子も特に寒くなる季節はハンドクリームが必須アイテム。日本でヘビーローテだった種類、ニュージーランドでも同じように手に入るとは限りませんよね?

日本への一時帰国時にまとめ買いできなくもないけど、ニュージーランドに持って帰るのが超オモイ(経験者)

 

当時、同棲していた彼女はハンドクリーム探しに一時期苦慮していました。

ネットで調べても検索で出てくるのはお土産用の高価高品質ハンドクリームばっかり。いろいろ試した結果、使いやすかった「by nature」のハンドクリームについて記事にしていきます。

 

スポンサーリンク

 

MOISTURIZING HAND CRÈME WITH COCONUT OIL

 

要は保湿用ハンドクリームです!(Lanocorp社)

 

ココナッツオイルがほんのり香る

単なる香り付けではなく、ココナッツオイルも配合されています。

全体的にほんのりと香り、キツすぎるということはありません^^

 

つけ心地はサラッとしていて不快感が少ない

保湿性能を特化させていくとベタつきがどうしても気になってしまいます。

しかし、このハンドクリームはかなりサラッと塗れます。また、しっかり手に塗り込むことで成分がいきわたりずっと残った感じがしないのは嬉しいですね!

 

割と長持ちする

さっぱりめに作られてはいますが、しっかりと長持ちするようにもなっています。

食器洗いなど水仕事をしなければ半日くらいは普通に保ちます!

 

Non-comedogenicという特徴!

これ洗顔とかならともかくハンドクリームで関係あるんかな?

初めて見た単語なんで調べてみると、どうやら毛穴をつまらせにくい・・・とのこと。確かに、繰り返しになるけどサラッとしてるし、割とすぐに手に浸透する感じなんですよね。

僕はともかく彼女が結構愛用してたのが印象的でした。

スポンサーリンク

 

成分の一覧(HP参照)

Aqua (Water), Stearic Acid, Glycerin, Polyacrylamide & C13-c14  Isoparaffin & Laureth – 7, Propanediol, Butyrospermum Parkii (Shea) Butter, Hyaluronic Acid, Cetyl Alcohol, Polysorbate 60, Isopropyl Myristate, Isoamyl Laurate, Tocopheryl Acetate (Vitamin E), Cocos Nucifera (Coconut) Oil, Hydrolized (Marine) Collagen, Benzyl Alcohol & Salicylic Acid & Glycerin & Sorbic Acid, Parfum (Fragrance), Sorbitan Stearate, Tetrasodium Edta, Sodium Hydroxide

引用元:【 https://www.bynatureskincare.co.nz/products/coconut-ocean-minerals-hand-cream 】by nature

 

(一列目)水、ステアリン酸、グリセリン、ポリアクリルアミド、イソパラフィン・ラウレス-7、プロパンジオール、シアバター、

(二列目)ヒアルロン酸、セチルアルコール、ポリソルベート60、ミリスチン酸イソプロピル、イソアミルラウリン酸、ビタミンE

(三列目)ココナッツオイル、マリンコラーゲン、ベンジルアルコール & サリチル酸 & グリセリン & ソルビン酸、香料

(四列目)ステアリン酸ソルビタン、エチレンジアミン四酢酸、水酸化ナトリウム

それぞれの配合物について簡単にではありますが調べてみました。まとめましたので気になる方は下記の記事を参考にしてみてください。

by natureハンドクリームの成分から製品の評価をしてみた!

2018.11.10

 

 

Good Point 1 – $7.99とお手頃価格

ニュージーランドの化粧品でこの価格帯で購入できる化粧品はむしろ少数派。

最高品質のものでなくてもいいけど、毎日使用する中でそれなりの水準以上のものは使いたいという方にオススメします!やはり四六時中使っていると1本はすぐになくなるもの。高品質のハンドクリームも使ってみたいけど、$20〜, $30〜となると日々利用するにはシンドイ。

特にワーホリで入国間もない状況だと金銭的にも余裕がない!!

いろんなハンドクリームはあるけど、どれ使っていいか分からないという方は一度試してみてはいかがでしょう^^

 

 

Good Point 2 – Ware houseなど量販店で簡単に買える

ニュージーランドの現地の人が、いつも日々の買い物をするような量販店でも広く売られているのもありがたい!

中には専門ショップ、お土産屋さんなどでしか見つけられないものもありますが、この「by nature」のハンドクリームは日常の中で気軽に買うことができるのもGood Point!!

 

Ware Houseとは?

こういう看板のお店です。NZ生活で長期生活している人は、みんな一度は利用したことがあるはず!

ニュージーランド全国にある家電・雑貨の量販店です。現地人は誰でも知っており、普段買い物にいきます。店舗はかなり広く郊外にあることが多いです。

類似の店で例えるのが難しいのですが、日本の「ドンキ・ホーテ」をかなり大人しくしたような感じです(怪しいものは売ってません)。食器、家電、生活雑貨、家具、車用品、菓子類、キッチン用品などなんでもあります。

生活のスタートアップには欠かせないお店です。

 

 

『by nature』というブランドについて

ニュージーランド発のLanocorp社が手がけるスキンケア用品のブランドで、1987年に設立されたとのこと。

最初は小さく初められたビジネスだそうですが、ある時期から急速に世界に広まりました。

洗顔石鹸、フェイスマスク、フェイスクリームなど広いラインナップで商品がリリースされています。

また、運営母体の「Lanocorp社」は検索エンジンでも普通に日本語のサイトも出てくるくらいです。一度、ラインナップを見てみるのも面白いかもしれませんね^^

 

最後に

このby natureはニュージーランドのモーテルやホテルの備え付けのシャンプーや洗顔などにも広く使われています。

外出することがあれば、宿泊先でぜひ使ってみてください^^

それでは今回はこの辺で!!See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です