ワーホリでの海外長期生活!帰国後の就職や生活どうする?

 

僕は2014年10月から約3年間ニュージーランドのクイーンズタウンと言う街で生活しました。現在は日本に帰国し正社員として就職して働いています。実際帰国してみて、本当にたくさんのことを事前に考え計画的に動いていかなければならないと実感しました。

 

ウェブ上では、ワーホリや海外長期生活の楽しみ方、素晴らしさに関する記事はたくさんあります。しかし、帰国前後や日本の生活に戻っていく上での事についての実用的な記事は少ないように思います。僕自身のニュージーランドからの帰国の経験をシリーズ化して詳しく記事にしていきたいと思います。(本記事は概要を記載した目次とお考えください^^)

スポンサーリンク

 

帰国後の就職のこと

これはできれば渡航前、もしくは渡航直後からでも考えておくほうがよいでしょう。対策会社の時期が早いほど、現地での生活が未来のキャリアにつながるような生活になっていくはずです。

 

具体的な行動としては、まずは早いうちから大手の転職サイトを中心に登録をしておきましょう。早い時期なら、興味ある業界やどのような求人があるかをリサーチすることができます。

帰国の日が近づいている状況であれば、履歴書(ウェブ上)の作成、キャリアカウンセラーとの面談予約実施など具体的な行動を開始することが望ましいでしょう。

 

帰国後の就職について

もちろんこの記述だけで終わらせるつもりはありません。が、本記事で語り出すと非常に長文の記事になってしまうため、別途帰国後の就職をテーマにした記事を作ってみようと思います^^

 

 

帰国後のお金のやりくりのこと

人によって状況は異なります。しかし帰国後は意外とお金がかかります。

航空機代

・空港から自宅への交通費

・帰国から就職するまでの生活費

・就職や転職活動費

・賃貸不動産の契約料……などなど地味にお金が必要です。

 

ざっと浮かんだ費用でこれくらいです。実際はもっとかかると考えた方が良いでしょう。

十分に貯蓄がある、または両親がからの援助が受けられる方はまだ何とかなる可能性もあります。しかし、出発までに手持ち資金大部分を使い、貯蓄がゼロに近い人の場合は資金繰りを考える必要があります。可能な限り早く、できれば渡航直後や渡航前より上手に計画を立てていかなければ、帰国後に苦労することになります。

 

帰国後のお金のやりくり記事まとめ…

多くの人が「じゃあいくらあればいいの?」と思われるかもしれません。必ずしも一概には言い切れませんが、僕が帰国するのにかかった費用を例に、記事にまとめていきます^^

 

〜その1〜 帰国前にはそれなりのまとまったお金が必要!

海外生活で僕が日本帰国までに200万円貯めたワケ

2018.02.06

 

〜その2〜 実際の貯めた200万円の使途を追跡!

海外生活で僕が日本帰国まで貯めた200万円の使途内訳 〜その1〜

2018.02.11

 

〜その3〜 準備中

 

 

帰国直後の住まいのこと

実家が大阪市内、東京23区内、横浜市など大都市圏で仕事が多い地域に住んでいる方は恵まれています。なぜなら帰国直後に身を寄せ、そこを拠点に就職活動を行うことができます。

 

一方で、実家が大都市圏から離れており一時的に滞在できる住まいがない場合は、何らかの方法で調整しながら就職活動など必要な活動を行う必要があります。不動産を賃貸で利用するのが最も一般的かと思います。しかし、最近の不動産賃貸事情は2000年頃とは異なりただ保証人をたてれば借りられるような環境ではなくなってきています。

実際にどれくらいの金額や環境が必要になるかを事前にシュミレーションして計算しておくと貯金の目標金額なども定めやすいと思います。

 

僕が実際に帰国直後に不動産探しをやってみて..

肌で感じた難しさがあります。この辺りも詳しく記事にしていければと考えています。

 

 

帰国時の海外送金について

帰国後のことを考えて、ニュージーランドで仕事をして5,000ドル10,000ドルとお金が貯まったとします。でも、どのようにニュージーランドドルを日本まで持って帰ると良いのでしょうか??

インターネットで調べると情報がいくつかヒットします。しかしどれが良いのか判断していくのは意外に難しいのです。また、いくつかの方法は事前に準備も整えておかなければ利用できません。外貨の日本送金は「手数料」との戦いです!!

 

僕のオススメ!

実際に利用してみて「このサービスは良い!」と感じたものを中心に、外貨の持ち帰り方法も詳しく記事にしていきます!

 

 

帰国直後の携帯電話のこと

これも人によって状況が違いますが、少なくとも日本出国前に携帯電話を解約してきた人は優先順位をあげて契約することをオススメします!!!就職活動等を速やかに行いたい場合は帰国後すぐにでも契約したいところです。また、日本到着直後のWi-Fiレンタルをどうするかという判断も必要になってきます。

しかし、気になるのが「仕事も何も始めていないのに携帯電話なんか契約できるのか」という点です。

 

支払いプランがたっているかが重要!

これも実際に自分で契約してみて感じたことを記事にしていきます!

 

 

ニュージーランド(現地)での仕事のこと

ビザの残り期間もわずか…ほとんどの方がニュージーランドでの職場を退職して日本に帰国する方が多いかと思います。退職前にはもちろんその旨を伝えておく必要がありますが、どれくらい前までに辞める時期を伝えておくことが望ましいのでしょうか。

またホリデイペイや銀行口座、IRDナンバーはどのように扱えば良いのでしょうか。

 

一言で「仕事」とはいえ色々考えることがある!

税金、銀行口座、デビットカード、ホリデーペイなどはどうなるのか。どうしておくべきなのか。これについて僕自身やニュージーランドから帰国した友人からヒアリングした内容をまとめてみます。

 

 

ニュージーランド(現地)のフラットのこと

帰国となればもちろん退去することになります。その際に事前に大家さんにキチンと退去日を伝える必要があるのですが、その際に何にきをつけるべきなのでしょうか。

 

賃貸借契約書は保存していますか?

はい、これめちゃくちゃ重要です!!しっかり把握していないと最終的な支払い金額でトラブルになるケースもあります。

 

 

車や自転車の処分について

ニュージーランドでは日本よりも中古車や中古自転車の転売が盛んです。個人間売買も普通に行われます。ですが、方法間違えるとうまく売れてくれないことになりかねません。売り方を考える必要があります。

 

欲を張りすぎると….

不用品をただ捨てるだけよりも売れた方が嬉しい人の方が多いですよね??

しかし、売り方は重要です!!僕の成功事例と失敗事例を記事にしていきますね^^

 

 

家財道具の処分について

電化製品から家具まで長期で生活をしていれば揃える人も多いでしょう。しかし、帰国の際はその大部分を持って帰ることができません。適切に処分をするには、どのようにするか考える必要があります。

 

なんでもかんでも出品すればいいというものでもない

少しでも不要品を売って資金を稼ぎたい気持ちもわかります。しかし、だからといって何でもかんでも出品しても売れません!僕の経験談から上手な売り方、上手な買い物の方法を記事にしていきます!

 

 

その他

彼女や彼氏と一緒に帰国するなら

ニュージーランドで出会い、一緒に生活を長期間行ってきたとして…結婚も考えだしたタイミングで帰国するとなると色々複雑な気持ちになります。だって遠距離になる場合がほとんどですから…。しかもだいたいが自然消滅しますし…。

そういうカップルって見てきた中でだいたい未来について無策です。共通の目標がなければいずれ気持ちは離れていきます。本当にパートナーのことが好きでずっと一緒に暮らしていきたいという強い想いはありますか?

 

僕自身がまさに遠距離恋愛中..笑

彼女っていってもニュージーランドで出会った日本人の女の子ですが..それでも地元は関東地方と関西地方とかなり距離があります。帰国後それぞれの生活がある中、どのように幸せに遠距離恋愛を続けていけたのか。経験談を元に記事にできればと考えています!

 

 

まとめ

この記事はあえて浅めの内容にしました。考えるべきことは数多く、それぞれのことを深く考え出すと1万字をゆうに超えるような記事ができあがってしまうと感じたからです。読むの疲れますよね…苦笑

 

この記事をちょうど本の表紙みたいに見てもらえると、体系的に必要な情報の記事をPickできるのかなぁなんて思っています。それでは詳しい内容は少しずつ書き進めていこうと思います!

それでは、今回はこのへんで失礼します!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です