銀行から知らぬ間に借金!?帰国前に絶対やるべき銀行口座への対処!!

この記事では、ニュージーランドの銀行から知らぬ間に「借金」を背負わされない方法を紹介します!!

帰国前の忙しい時期に自分の銀行口座をどのようにすればいいかなかなか調べられないですよね。

そもそも銀行口座の存在を忘れてしまっている場合もあります。

また、しばらくはAnuual Pay(ニュージーランドの有給)の支払いがある場合もあります。また、翌年度の7月にTax Refund(日本でいう年末調整)の受け取り口座にしたいからすぐに口座を閉めない・・なんてこともありますよね?

この記事では、そういったケースにどのように対応すべきかについて述べていきます。

正しい方法をとれば借金を背負わされることはないのでご安心ください!!

スポンサーリンク

突然届いた督促メール・・・

日本に帰国して半年以上がたったある日、こんなメールが届いていました!!

$17.24支払ってくださいとのこと!!

実は僕の利用していた銀行口座は、口座手数料が月々にかかるタイプの口座でした!帰国後も数回NZ$を受け取る機会があるからまぁしばらく放っておいてもいいかぁって思って完全に忘れていたやつです(苦笑)

無駄なお金を支払わないためにはどうしておけばいいのか!?また、突然驚かせられないためにはどのように対処すればいいのでしょうか!?

 

銀行口座の仕組み – 帰国後に放っておくと借金が膨らむ

ニュージーランドの銀行口座は大きく2つの種類に分かれます。

1つは口座維持手数料がかかるもの。2つは口座維持手数料がかからないもの。前者としてはANZ、BNZなどが主な銀行です。後者としてはKiwi Bankが手数料無料として有名です。また、口座維持手数料だけでなくクレジット機能をデビットカードに搭載することによって、その手数料を支払わなければならない場合もあります。

これ、僕のBNZの口座の残高です。残高がゼロになっても、今度はマイナス表記で記載されていくんですね。油断していると「$-100」などといった恐ろしい表記になってしまうことが考えられます!!ちゃっかり「interest(利子)」まで取られますからね(苦笑)

なので大切なのは、不要なら必ず口座を閉鎖する!!

しばらく必要なら維持手数料分を工面する必要があります。

 

帰国後もしばらく銀行口座を残しておきたい場合!

まず調べるべきは口座維持手数料が必要かどうか!

最重要項目といえます。

別にかからなければ、口座を残すことに対して思い巡らせることはありません。

逆に、口座維持手数料が必要ならば月々のコストがいくらかを明確にしましょう!!

 

次に、いつまで口座を残すのか明確にする!

例えば、2018年8月末までといった感じです。

人によって違うと思うので明確な答えはありませんが、気にすべき2つのポイントは「自分の職場のAnnual Pay」「Tax Refund」です。

自分が帰国したあとで、ニュージーランド国内において自分に関係のあるNZ$が動くケースは、有価証券やFXなどの配当、仮想通貨の受け取り通貨をNZ$などにしていない限りありませんからね。

Annual Payが現金で換金される場合、だいたい退職から1ヶ月後〜2ヶ月後くらいにかけて週払いなどの分割で。

Tax Refundは毎年度末3月に締め、翌年度7月に還付されます。

この2つを目安に銀行口座をいつまで残すかを考えるのが妥当であると僕は考えます。

 

最後に、口座に残しておく金額を決める!

予想される口座維持手数料を自分の口座の中に残しておきましょう!

ニュージーランドから帰国するときって、マジで後腐れもないように自分の銀行口座のお金を日本に送金してしまいます!!特に1万ドル、2万ドルと貯金を作った人ほどそうなのではないでしょうか。

そこで一歩立ち止まって考えてみましょう。

帰国後に自分に対して何らかの支払い、還付金はあるのか?あるならいつまで口座を残しておけばよいのか?

必要な手数料を口座に残しておくことで、余計な利子をとられないように対策することができます!

ちなみに利率は複利で計算されているようなので、放っておく期間が長くなればなるほど雪だるま式にふえていくことが予想されます。本当に気をつけてください!!

 

もう口座は不要なら帰国前に閉鎖しよう!!

ここまで読み進めていただいたなら多くを語ることはありませんね。まだ現地にいるなら最寄りの支店にいって手続きを行いましょう!!しまった!!日本に既に日本に帰国してしまった!!という場合はどのようにすればいいのでしょうか。

色々調べてみると「留学・ワーホリのサザンクロス」さんが口座閉鎖について、ANZを例にわかりやすい記事をまとめてらっしゃいました!

※銀行口座の閉鎖について

http://nz-ryugaku.com/after/departure.html  】※留学・ワーホリのサザンクロスさん

スポンサーリンク


銀行口座を放置して督促がきてしまったら・・

まず気づいたらすぐにアクションをとりましょう。さらに放置するのは絶対にオススメしません。最初にやるべきは、銀行の係りの人にどうすればよいか連絡をとってください

連絡を取る方法としては、電話、メールの2つがあります。しかし、日本や別の国にいるのに電話をかければ国際電話ですから非常に高くつきます。なのでメールを選ぶのが妥当です。

 

メールはネットバンクから送信できる!

メリットは銀行のセキュリティで守られているため、情報漏洩の可能性が低いことです。では、どのように送信するか僕のBNZの口座を例にしてみます。

1、まずはBNZの自分のネットバンクのアカウントにログインします。

https://www.bnz.co.nz  】※BNZトップ

2、トップページのメニューボタンをクリックします。

3、出現したメニュータブのContactをクリックします

4、Newのボタンを押します

5、自分のセキュリテイカードのパスワードを入力していきます!

パスワード入力が終わるとメッセージを作成することができます!

文章はもちろん英語で記入する必要がありますが、1年〜2年くらい滞在していればある程度問題ないかとは思いますので頑張ってください!返事がくるまでは少なくとも2営業日は待たねばならないとのことですので、焦らず気長に待ちましょう。

あとは銀行側の指示に従って必要な手続きを進めていけば大丈夫です!

 

僕は同年度のTax Refundから差し引くよう依頼

とはいえ、まだTax Refundの受け取りが完了していない段階で口座を閉鎖してしまうと困ってしまいますよね。

受け取り口座どこにするんよ・・って話になってきます。海外送金の費用もばかになりません。僕の場合、Tax Refundの金額が$500を超えることがほぼ確実。なのでBNZにその旨を説明し、7月の振込時にそこから差し引いてくれとお願いしてみました。その後、口座を閉鎖する旨も伝えています。

ただ、これは王道の方法ではないと思いますし、まだBNZ側からの返答がないので詳しくは記載できない部分ではあります。この辺りは進展があり次第記事にしてみたいと思います!!

銀行からの返事がありました!

 

追記:BNZからの返事!

メッセージを送った数営業日後にBNZの担当者から返事が届いていました。写真だと字が小さいので引用して本文の内容をざっくり翻訳したいと思います。

Dear Yu,

Thank you for your enquiry regarding the closure of your account.

→アカウント閉鎖についての質問ありがとう

 

Please accept my sincere apologies for the delay in responding to your enquiry. We endeavour to reply or refer to all messages within two business days. Unfortunately, due to high volumes, we have been unable to do so within this time frame. If your enquiry is ever urgent, please call our Contact Centre on the numbers at the bottom of the message or visit a local BNZ store with photo ID.

→返事が遅くなったことをお詫びします。2営業日以内に返事しようと尽力してますが、問い合わせが多くまにあっていません。もし質問が緊急なら、下記の電話番号からコンタクトセンターに電話するか、近くのBNZへphoto ID(NZの免許証など)を持って

 

Yu, I am pleased to advise you that your account will remain open for approximately one year from the month of February this year, before we will initiate an account closure due to inactivity. Please be aware that any deposit made into the account will go towards servicing the outstanding debit balance on the account.

→アカウントを今年2月から起算して約1年間オープンのままにしておきます(その後閉鎖しますね^^)。今、口座残高がマイナスだから、その分の入金はよろしくお願いします!

Yu, if you have any questions or if I can help further, please reply to this message or contact us on the details listed below.

→何か質問あったりしたら、このメールに返信するか、連絡とってください。

Thank you for contacting BNZ.

 

ということで、1年間口座をそのままにしてから閉鎖の手続きに入ってくれるという寛大な措置がなされました!

しかも毎月の利息の計上も停止されています。マジ神対応!!

なので、絶対に放置は絶対せずに、まずは連絡をとってどのように対応してもらえるかを確認するようにしましょう。

 

まとめ

・銀行口座をしばらく残す場合は必要な口座維持手数料を残しておく

・不要なら出国前に口座を閉じるのがベスト

・督促がきたら放置せず確実に銀行側に連絡をとる!

 

特に重要なのは3つ目!!放置すればするだけ維持手数料と延滞金が積み重なっていきます。収集がつかなくなる前に動いておいたほうが絶対に良いです。督促がきたときに既に帰国していて、口座残高が既にマイナスな方は放置せずにすぐ銀行担当者と連絡を取りましょう。

銀行によって多少方法は異なるでしょうが、だいたいは個人のネットバンクアカウントからプライベートメッセージを送信できるようでう。

それでは今回はこの辺で!!See you next time!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です