ワーホリ帰国後の再就職は誰でも不安!それでも体験した方がよい理由

こんにちは、Yuといいます。

僕は2014年10月からニュージーランド生活を始め2年半が経過しました。今でこそ普通にNZ生活を満喫していますが、日本を出国する前(特にワーホリ準備段階)では様々な不安が僕にのしかかっていました。

 

英語上達するだろうか…、現地で仕事は見つかるだろうか…、自分のより良い未来につながるのだろうか…。しかし、何よりも大きかったのが、

 

「ワーホリ帰国後の再就職」

 

についてでした。それでも、再就職の不安があってもニュージーランドに来てよかったと思っています。今回はこのあたりについて記事にしていきます。

 

スポンサーリンク

 

ワーホリに行く前の心境

 

  • 「1年間、ガッツリ海外生活しに行くのだから英語はペラペラになるはず!!」
  • 「この経験で、日本帰国後に仕事探したとして条件のいい仕事(年収ベース200万〜300万アップ)にありつけるやろうか…」
  • 「帰国してもパートの仕事しかないかもしれない…」

…etc

 

 

などと本気で考えていました。改めてこの時の自分を振り返ると本当ダメダメだなぁと感じます。完全に他力本願の負け犬思考…だったと反省しています。

 

 

1年間で英語がペラペラに…ならなかった

まぁ、ペラペラの定義ってなんやねん!!?となるわけなんですが。「日本人である自分が日本語と同じように扱えるようになる」ことなのであれば、無理です。そりゃ、日本で生まれ日本で30年くらいずっと生活していて、高校卒業以来英語の勉強なんてまともにしていない。そんな人たちからすれば、1年生活している人の英語はとてもとてもレベルが高く映ります。しかし、ネイティブスピーカーからすればまだまだです。

 

例えば、ネイティブの語彙数は平均2万語程度と言われていますが、現実5000語〜6000語の語彙があれば東大・京大・早稲田・慶應・関関同立クラスの入試の英語試験に対応できる程度のレベルです。単純に語彙数だけみても大きな開きがあります。それに学校で勉強しない表現や言い回しなんてザラ。

 

国語の授業だって小学校1年〜高校3年までやりますよね。たった1年のワーホリで同じようにいくかを考えれば明白でしょう。それでも英語だけに力を注入し続ければ、外資系企業への就職も可能なラインまでは伸ばすことができると僕は思っています。僕は勘違いをしていました。

 

 

ワーホリで1年間英語の勉強頑張れば再就職もラクラク?

確かに英語がある程度できる人と英語が全くできない人では、英語ができる人が優遇される情勢にはなっていると思います。しかし、英語さえできれば必ずキャリアアップできて元の年収よりも数百万円も会社員として稼げるようになるのでしょうか。

 

答えは【No】だと思います。英語も会社や業界によっては大切です。しかし、それ以上に英語を操れる自分自身がどれだけのパフォーマンスを転職先で発揮できるのかが最も重要です。知識も教養も礼儀も経験もない空っぽの人が英語を多少使えたところで働けるところはあるのでしょうか。英語は単なる「ツール」でしかありません。

 

結局、キャリアアップしてお給料をガッツリもらいたい!!ということであれば、英語も含めそれに見合った経験・スキルを身につけるしかないのです。経験やスキルがないならば、自ら学び行動して作るしかないでしょう。それも含めてのワーホリだと僕は思っています。

 

鍼灸師、看護師、教員免許など何らかの資格を持っている人は、再就職という面ではアドバンテージがあると僕は考えています。

 

 

帰国してもパートタイムの仕事しかないかもしれない…?

 

僕もまだ20代です。とりあえずワーホリ1年間過ごして日本に帰国して全く仕事が見つからないことはないと思います。しかし、正社員で手取り年400万円ボーナス200万円といったような仕事があるかといえば、ない可能性の方が高いと思います。でもある意味それって当然だと思うようになりました。

 

僕は某4年生大学の文系学部を卒業したのですが、特に専門性のある資格に挑戦もせずとりあえず就職活動をした経緯があります。でも会社で何ができるのかを考えるとそう多くありません。せいぜい営業か事務仕事くらいなものです。営業も強固なコネクションがあるわけでもなく、マーケティングに特化しているわけでもありません。利益率の高い商品を思いついて売ることもできません。

 

できることが少なければ必然的に任される仕事は簡単な部類のものになってきます。そこから這い上がって大きな仕事につなげられるかは自分の努力次第ということです。実力の問題でワーホリ云々の問題ではないと僕は感じています。

 

 

それでも海外生活を体験した方がいいと思う理由

 

帰国後の再就職の不安がありながらも海外生活を体験した方がいい理由、それは「価値観が根底から変えられる」ことだと考えています。

 

 

NZでは学歴があまり役に立ちません。それよりも何を勉強して何が実際にできるのかという知識・経験・スキルが求められます。カフェやレストランのスタッフでも即戦力が普通に求められる環境なのです。また、結果に対してシビアです。やる気のない人はトライアル後に「採用しません」となります。またNZの社会は以外に狭いです。人と人とのつながりが重要です。そんな中で信頼を勝ち取り多くの人を巻き込んで仕事ができれば活躍できることは間違いありません。

 

こういった環境が当たり前。仕事という意味では日本よりもドライな印象が目立ちます。会社云々ではなく自分はどういう人間として何をして生きていきたいか..ということを考える必要があると感じるようになりました。

 

「どの会社に行けば給料高くてラクに生きられるだろうか…」

 

などと日本にいた頃は考えていたのですが、ニュージーランド生活を通して大きく価値観が変わるきっかけとなりました。日本で狭い世界だけ見て生きていれば気づけなかったので、再就職の不安を感じながらも日本を離れてみてよかったと僕は思っています。

 

 

まとめ

価値観は環境によって変わることがほとんどであり、なかなか金では買えないものです。

 

 

価値観が変われば思考も変わる

思考が変われば行動が変わる

行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人生が変わる

 

 

人生を変えたい!!と思う人は、ニュージーランド生活に限らず今いる世界から飛び出すことで、一歩踏み出せるかもしれませんよ(^^)

 

それでは、See you next time!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です